渡辺歯科医院の診療内容

【診療内容】
一般歯科・小児歯科・インプラント・審美歯科
 

一般歯科

yg.jpg歯は一度削ってしまうと二度ともとにもどりません。 そして「虫歯」ができる仕組みを知れば金属をつめたり・かぶせたりしても虫歯がとまらないことがわかります。 一度歯を削り治療が終了してもそのまま放置すれば、再治療になる可能性が高く、治療をやり直せば直すほど、歯は大きく削られ確実に抜歯への道へたどっていきます。 渡辺歯科医院では大切な歯を生涯守るために「予防」をすすめています。
 

レーザー治療


【YAGレーザー】
歯周病の治療、歯根の治療、消毒、止血、口腔粘膜疾患(口内炎・口角炎)の治療を促進します。
 

【光学式う蝕検出装置】
レーザーで隠れた虫歯・歯石を発見する事ができ、治療を行えます。

 

予防歯科とは

現在の歯と歯肉の健康状態のチェックと問診

口の中の記録をとり、分析してプログラムをたてます。 また、予防に関する正しい知識、食生活など生活習慣に関するアドバイス等も行います。
 

ブラッシング指導

人それぞれ口の大きさ歯並び方も違います。 その人の口の状態に合った正しい歯磨きの方法を専門的な知識を持った歯科衛生士が指導し、一緒に練習します。
 

フッ素塗布

フッ素は虫歯に強い歯を作る性質を持っています。 フッ素を定期的に塗ることで、歯質を強化することができます。
 

リコールシステム(メンテナンス)

予防に最適な口の中の環境を維持するためには定期的な検診をおこないます。 リコールの間隔は人によって異なり1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月・・・に1度の来院になります。 リコール検診は自分では気付かない口の中の変化をみつけてもらうことができ、それに合った予防方法を知ることができるので、非常に重要です。
 

シーラント

奥歯の噛む面には溝があり、虫歯ができやすいところです。 この溝を埋めることで虫歯を予防します。歯を削ることはないので、痛みはありません。
 

むし歯になるしくみ

歯の原因菌は、口の中に最初からいる何種類もの常在菌と 生育過程で親などから感染するミュータンス菌のふたつが考えられます。 これらの菌は口の中の食べかすや甘いものなどに含まれる糖分が 口に入ると虫歯菌はどんどん分裂し歯垢(プラーク)をつくり,酸を産出し、歯のエナメル質を溶かしていきます。

 

小児歯科

子供の歯を守り育て、健康で虫歯のない永久歯列を作ることが当院における目標です。小児期のむし歯は生活パターンや体調の変化で短期間に多発することがあります。なかなか歯みがきがうまくできず、悩まれているご両親方、どうぞ当院へお越しください。
 

子供の虫歯予防

.jpg小児の虫歯予防の原点は、母親にあると言ってもよいでしょう。
生後10ヶ月~31ヶ月の間に、虫歯菌であるミュータンス菌が母から小児へと感染していきます。
その時の条件は、母親の口腔内にミュータンス菌が大量にいる場合、又、小児が ショ糖(砂糖)をたくさん摂取している場合に、効率良く感染していきます。
問題は、一旦強く感染してしまうと、ブラッシング位ではミュータンス菌を減らす事は出来ず、”一生 ミュータンス 菌を大量に抱えて過ごしていかなければならない”というリスクを追うという事です。
反対に、上記の期間を無事に過ごす事が出来れば、サングイス菌(虫歯にとっての善玉菌)が定着しやすくなり、虫歯になりにくい口腔となっていきます。
 

ムシ歯ゼロの永久歯列をめざして

私達は、子供達の健康な未来のために、カリエスフリー(ムシ歯ゼロ)の永久歯列をめざしています。 そのために、一人一人のお子さまの健康管理のためにノートをつくり、お口の写真や記録をつけて、お母様と共にお子様の健康づくりを支えます。
 

定期健診

乳歯の萌出から永久歯がはえそろうまで、一貫したお口の管理および指導を行っております。

・お口の状況の説明

・歯磨き練習

・フッ素塗布

・溝埋め(シーラント)
 

はえかわり・歯並びの治療

ご要望に応じて矯正治療を行っております。 費用 治療期間 装置類は症状により異なります、 詳しい事をお聞きになりたい方は 院長またはスタッフにお申し付けください。

 

インプラント

インプラント治療を考えている方のために、インプラントとは何か?を考えてみましょう。
歯が抜けてしまうと、これまでは入れ歯にするか、健全な歯を削ってブリッジにするという方法しか選択できませんでした。 インプラント(人工歯根)で入れた義歯は、 天然の歯との区別が難しいほど自然な仕上がりで、美容にも効果的です。
 

インプラントの利点

インプラントで入れた人工歯は通常のハミガキと同様に磨けば良いので、日々のお手入れが簡単です。

◆インプラント治療は外科的な手術は必要になりますが、天然の歯と区別がつかないほど自然な仕上がりで、使用感も違和感がありません。

◆インプラントは、その材質や治療方法にさまざまな改良が加えられ、現在では世界で数百種類、日本では数十種類のものが使用されています。

◆入れ歯はバネで抑えられているので、硬いものを噛んだりして外れてしまった場合に誤飲したり、のどにつかえたりすることがありますが、インプラントはそのような事故がおこることはありません。

◆インプラントだと、入れ歯などと違って自然な感覚で噛む事ができるので、食べ物をおいしく食べることができます。
 

インプラントの治療手順

インプラント治療に必要な診査を行い、治療が可能かどうかの診断を行います。治療可能な場合は、患者さんとの相談しながら治療計画を立案します。

【1回法インプラントの場合】

STEP1・埋入時に、歯肉を貫通して頭出しをしておきます。

implant01.gif

STEP2・歯肉が治ってから、上部構造を取り付けます。 外科手術は1回ですが、インプラント体が骨に確実に固定されるまでに、細菌感染や、力がかかってしまう危険性があります。

implant02.gif


【2回法インプラントの場合】

STEP1・インプラント体を埋入し、歯肉で完全に封鎖します。

implant03.gif

STEP2・インプラント体が骨に固定される期間を待ってから、その頭を出し、仮の歯を取り付けます。

implant04.gif

STEP3・歯肉が治ってから、最終的な上部構造をを取り付けます。

implant05.gif

インプラントの形や特徴をよく理解した上で、担当医の指導に従ってブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を防ぎます。また定期的に担当医の検診をお受けいただき、専門のスタッフによる機械的研磨により、治療結果の長期予後が確立されます。

 

審美歯科

審美歯科は、従来の虫歯や歯周病といった、歯や歯肉の病気を治すことが目的ではなく、もう一歩進んで、美しく健康な歯や歯肉を作ることを目的としています。審美歯科は、単に見せかけの美しさを求めるものではいけません。歯科医学をベースとし、健康美を目標にし、総合的な知識と技術を結集し、トータルな治療の先にその人その人にあった笑顔の実現を目指しています。
 

クリーニング

「歯のクリーニング」とは虫歯や歯周病、そして口臭の原因となるプラーク(歯垢)、歯石、ヤニ等を取り除き歯とお口をすっきり、さわやかにすることです。いろいろな特殊な器具を用いて歯の表面や歯と歯の間、歯肉の中の歯垢、歯石を取り、歯をつるつるにします。歯の表面にあった汚れを除去することによって歯は本来の色に戻ります。
 

歯の漂白

上記のクリーニングで本来の色に戻りますが、その時点で色合いが気になる場合、漂白(ブリーチング)をお勧めします。元来歯の色が多少黄ばんでいたり茶色かったりしてもそれは病気ではありません。しかし、自分の歯に他人の視線を常に感じる、というのはあまり「健康的」とは言い難いと思います。歯の漂白は、歯の変色の原因(外因性:タバコ、食物、薬剤 内因性:遺伝的なもの、加齢、etc)により、方法や回数が異なります。 種類としてオフィスブリーチングとホームブリーチングがあります。オフィスブリーチングは一般的な治療と同様に、歯科医が歯の色調を明るく改善する漂白方法です。 ホームブリーチングは歯科医の指導を受けて,御自身で歯の色調を明るく改善する漂白方法です。当院では患者さまの歯の状況や希望で単独または併用いたしてしております。
 

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

pmtc.jpg【PMTC】ってなに?

専門家により、さまざまな器具とフッ素入りペーストを用いて、全ての表面とその周辺のプラークを除去する方法です。プロのクリーニングによりお口の細菌レベルが低くなります。 歯の表面的な汚れはある程度おとすことができます。 歯のクリーニング専門に開発された特殊なブラシやゴムのカップなどを使うので、痛くはありません。
 

ラミネートベニア法

歯と歯の間に隙間があるときや、歯の形が生まれつき小さかったりする場合、歯の表面を薄く削って強力な接着剤でセラミック製の薄板を貼る方法をラミネートベニア法と言います。オールセラミックスに比べ歯を削る量がわずかで済むのが特徴です。主に前歯や小臼歯に行ないます。ブリーチングでは白くならない歯や、色と同時に形も整えたい時にも最適です。
 

オールセラミックスクラウン法

歯の表面を削り、そこにセラミック(陶材)のみで製作したクラウン(冠)を合着させて歯の色、形、歯並びなどの審美的要素をトータルに修復、改善する方法です。上記のラミネートに比べ大規模な修復が可能です。
 

メタルボンド法

上記のオールセラミックスとほぼ同じ物ですが,より強度が要求される場合に用いられます.内部(外から見えない部分)を金属で製作する事によってたわみ等に対する抵抗度が高くなっております,ただし審美的にはオールセラミクスが勝っておりますので,症例によって上手に使い分ける事が大切です。

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
026-272-1313